つげのの学び

黄柳野高校の生徒の約6割は不登校の経験者です。生徒に再チャレンジの機会を支援する、学びを提供しています。 四年制大学を目指している生徒や、基礎から学びなおしたい生徒など、生徒の学力はさまざま。一人ひとりの学力に合わせた学びを支援しています。

体験学習

「不登校だった」「勉強についていけなかった」ということは、決してマイナスではありません。楽しみながら、のびのびと学ぶことで、社会に出たときに役立つ生きた学力を身につけることができます。また、グレートアースなど本物に触れある感動体験は、学ぶ意欲を高めることにもなります。

通常授業でもフィールドワークを

通常の五教科授業でも、アクティブラーニングを積極的に採用しています。「歴史で学ぶ漢字」「生活に溶け込む数学」など、覚えるだけでなく体験する授業を行っています。

グレートアース~地球体感チャレンジ~

大自然に囲まれたつげの高校の特徴を生かして、感動こそ人生の宝!感動こそが使途を成長させる!という信念のもと、本物の自然を感じる新しい学びのスタイルです。ゼミ形式で、テーマごとのエントリー制で「自分が選んで学ぶ、楽しむ」ことを大切にしています。

少人数・到達度別授業

積み上げの必要な教科(英語・数学・国語)では少人数で授業を展開して、生徒一人ひとりの成長のポイントをつかんで指導しています。さらに皆さんの学習のつまずきを見つけ、できるところから始めることで「わかる喜び」「学ぶ楽しみ」を感じることができます。

教科「プロジェクトT」※全学年対象

黄柳野高校の独自教科「プロジェクトT」では、“地域とつながる”をテーマに全生徒が6つのチームに分かれて実社会と関わり、本物と出会うことで社会人基礎力を身に付けています。2016年度のチームは養鶏と経営,地域振興,ボランティア,消防団と防災,IT 情報発信,フェアトレードの6チームです。
(講座の紹介はパンフレット6ページのような形でお願いします。)

教科「総合的な学習の時間」※全学年対象

毎週水曜日の午後に行われる総合的な学習の時間では、バドミントン,軽スポーツ,資格取得,パソコン検定,書道,シュートボクシング,森林(自然),音楽発表,美術(芸術),の9つの講座から選択し受講します。知的探求心を求める講座や芸術性を高める講座など、自分で選択し学習を行います。
(講座の紹介はパンフレット6ページのような形でお願いします。)

教科「基礎学習」※全学年対象

黄柳野高校の独自教科「基礎学習」では、英語、数学、国語の三教科の基礎的な内容を自分のペースで学習します。「わかる」「できる」体験を3年間繰り返し、少しずつステップアップしていきます。
教科「労働体験」※1年生必修
1年生は生命・自然の大切さを学ぶため、農業・林業を中心とした「労働体験」を教科として時間割の中に組み入れています。学校田では生徒自ら田植えを行い、収穫したお米は食堂での食事としておいしくいただいています。