学校概要|School Overview

「黄柳野高校」は寮での生活を基本とした全寮制の学校です。

校長近影

 全国からたくさんの方々の協力を得て開校した本校は、もうすぐ四半世紀を迎えます。本校は「学校へ行きたい」「学びたい」「もう一度やり直したい」という意志のある生徒に広く門戸を開き「生徒の個性を尊重し、生徒の持つ能力を信じ、寮生活を通して自立の心を育てよう」という設立主旨を持った学校です。母性的な優しい包容力であるがままを受け入れることから始め、父性的な力強さで自己成長できるように生徒たちを導いていきます。人間関係で傷ついた心は、人間関係の中でしか癒されません。本校での生活と学習が一体となった体験は生きる力を生徒たちに与えてくれています。
生活面では集団生活に不安を持つ生徒でも寮生活・学校生活を快適に送れるよう相談室を充実させるとともに24時間体制で学園スタッフが細かくサポートしています。学習面では、“社会とつながる”をテーマに教科の枠を越えた学校設定科目や体験学習で「もっと知りたい」「学びたい」といった生徒の知的意欲を支えていきます。多くの子どもたちが自身を見つめながらたくさんの友人をつくり、自分の進路を見つけ未来へ羽ばたいて行きました。今があなたの新たなチャレンジの時です。ぜひ、「黄柳野高校」を体験しに来てください。

黄柳野高校校長

教育方針

 

黄柳野高校の生徒の約6割は不登校の経験者です。不登校には人間関係・勉強がわからない・学校への興味・いじめ問題・家庭の課題など、様々な問題があります。黄柳野高校は生徒に再チャレンジの機会を提供し、支援します。

  • 1. 比べない。計らない。
    人は、誰かと比べられたり、数字で計って評価されるものではありません。「わたしは、わたし」と思うと、気持ちがとてもラクになります。ありのままのあなたを受け入れます。それが「つげの高校」です。
  • 2. 自分再発見。
    今までのあなたがいるから今のあなたがいます。昔の自分をふりかえったり探したりする必要はありません。自分を再び発見する、その場所と時間が「つげの高校」です。
  • 3. 大切な自分に。
    友だちを大切にしたい、それは素敵なこと。友だちを大切にし守るということは、自分も守られていることになるからです。守りながら守られる場所、それが「つげの高校」です。

施設紹介

アクセス

支援団体

  • 萌黄会
  • 後援会

公開情報

平成27年4月1日から平成28年3月31日まで
資金収支計算書
平成26年4月1日から平成27年3月31日まで
資金収支計算書
平成25年4月1日から平成26年3月31日まで
資金収支計算書